グァタパラ耕主の別邸

この三階建の建物は、元アンタルチカ飲料工場営業部の建物です。1890年頃、ここにはグァタパラ耕主の別邸が建っていたそうです。

サンパウロのパウリスタ通りにある元コーヒー農場主の別邸がローズガーデンとして公開されていて、一昨年に訪れたことがあるのわたしは、どんな建物だったのか、どんな暮らしぶりだったのか、想像力がかきたてられます。そのローズガーデンの写真も紹介しておきます。

(HP管理人)

DSC_6153
DSC_6383
ズモン耕地 03
DSC_6552
廃コーヒー倉庫 07
DSC08907
DSC_8088
延べ10キロの水路
placa homenagem martinho p junior 2
グァタパラ耕地内のコーヒー園に並ぶ日本移民(1920年頃)
アルベルチーナ駅
1889年ころのグァタパラ耕地
グァタパラ耕地コーヒーの樹海
生産物馬齢薯をラバの背につけて市場迄
ヅモン路線列車
リベイロン・プレットモジアナ駅前・
モンテイロ駅
grupo escolar 1996
puericultura, lactario, farmacia 1992
拓魂
別れのテープ
サンパウロ市ルース駅
ドラムカン風呂で入浴

Brasil サンパウロ州グァタパラは第一回笠戸丸移民が配耕されたことから日本移民発祥の地と言われています。グァタパラ耕地を中心にブラジル日系移民にまつわる話を紹介しています。

 

Read More

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now